婚活お役立ちコラム

32〜33歳女性の結婚は「出会いの質」が勝敗を分ける!婚活を超合理的に乗り切るコツ

「32歳、そろそろ家庭に入って幸せになりたい」
「33歳アラサー女、世間の目がより一層厳しくなった…」

しばし婚活市場では、32〜33歳は男から選ばれるラストチャンスと言われています。

結婚相談所の職員に聞いても、男が許容出来るギリギリの年齢がまさにこのゾーンです。

また、32〜33歳のアラサー女性を見渡してみると、エリート彼氏と結婚している勝ち組と、未だ彼氏すらいない完全負け組にキッパリ別れているのも特徴的。

ただ、この年代の未婚女性は男性との出会いが、めっぽう少なくなったと感じているのではないでしょうか?

10代20代であれば、その気が無くとも出会いはあったでしょう。

会社の同僚が開いてくれるコンパ、友達とノリで遊びに行ける相席屋居酒屋、スキー場でナンパされる、などなど…

しかし、30歳を超えてしまうと、男性との出会いがガクンと減ってしまいます。

もちろん日常生活で男性と関わらない訳ではないですが、「女として見られる回数」は激減ですよね…

悲しい話ではありますが、あなたが思っている以上に、男は女性の年齢を意識しています。

おそらくあなたも職場などで、「昔は私もあんな風にチヤホヤされたな…」と、新入社員を見ては思い出にふけっているのではありませんか?

しかし、そんな事でどうするんですか!

冒頭でもお伝えしましたが、女性にとって32〜33歳はいい男と結婚出来る最後の年齢です。

ここでいい男を捕まえておかないと、将来は春日局(かすがのつぼね)か仕事に命を捧げる女、つまりはお一人様コースが決定してしまいます。

前置きが長くなりましたが、今回は『32〜33歳女性向きの超合理的な婚活術』についてお伝えしていきます。

32〜33歳女性の婚活は攻めあるのみ!口説かれ待ちでは1000%売れ残る

恋愛は惚れたもん負け、こんな言葉もあることから、女性は男からのアプローチを待つのが一般的とされてきました。

ただ、それは若い女性向きの恋愛アドバイス!

もちろん昨今では晩婚化の流れもまることから、平均結婚年齢は年々上がって行っています。

しかし、そうは言っても女性の結婚時期は20代後半が最も多く、30歳を越えた途端に結婚難易度がグンと上がることは言わずもがな。

特に35歳を超えてからの結婚率は5%程度と言われており、東大に受かるほうが難易度が低いのでは?と、まことしやかに囁かれているほどシビアな世界です。

この際重要な事なのでキッパリ言っておきますが、若さを失った女性の市場価値は、ジェットコースターのごとく下っていきますよ…

どれだけ若作りを頑張り、美容やオシャレを気にしようとも、若さという時限付きの武器だけは取り戻すことが出来ません。

そこでまずは、『若かりし20代の時とは置かれている状況がまるで違う』ということを、改めて自覚しておくことが重要です。

関連:35歳女性の婚活で成功する人と失敗する人の違いは『自分の立ち位置』を理解しているか否か

「私はそこそこ綺麗だから声をかけてもらえる」
「結婚相談所に登録すれば毎日お見合いの依頼が来る」

30代前半の女性の中にはこんな方もいますが、こんな待ちの姿勢では、婚活に本気になっている同世代に理想の男を奪われ続けることになりますよ!

まずは「受け身のママではマズい!ここからは私から行かないと!」と、マインドセットを改めることがスタートラインです。

冒頭でもお伝えしましたが、婚活市場において32〜33歳は若さを武器にギリギリ勝負が出来る年齢です。

このタイミングでの1年の過ごし方は超重要、攻め方を誤れば命取りになり兼ねません。

30代前半の婚活では、攻める側に回ることが出来た女からイチ抜けしていくのです。

32〜33歳の婚活では「出会いの質」にあり!闇雲に男にアタックするのは悪手です

攻めの姿勢で婚活に立ち向かう、先述した通り30代前半の婚活ではこのスタンスが最も重要です。

ただ、行き当たりばったり野獣のように男にがっつけばいいという話ではありません。

当然ですが、「質の高い出会いをどれだけ出来たのか」が、その後の人生を大きく左右します。

そこでまず最初に、焦ってやってはいけないNG行動を紹介します。

典型的なパターンですが、友達に誘われて近所で行われる婚活パーティなどのイベントに参加すること、これは最悪です。

と言うのも、婚活パーティはあなたが思っているほど質の高い男は参加しません。

1回あたりの参加費も安いですから、年収300万程度の低年収男もゴロゴロいます。

おまけにセフレ探しの一環として参加するやりモク男も1割ぐらいは混ざっており、正直なところ質の悪い男の巣窟になりやすいです。

また、相席屋居酒屋などの出会いスペースもダメですよ。

あんなのは学生同士がチャラチャラする場所でしかないですし、結婚に繋がるような運命的な出会いを期待しても無駄。

じゃあ知り合いの中からいい男を探そう!となりますが、ぶっちゃけこれは勇気とエネルギーがかかりすぎる。

最悪の場合、

「最近〇〇さん昔の知り合いにガツガツいってるらしいよ。」
「嘘、まじヤリマン女じゃん〜」

などと、有る事無い事を言われて、コミュニテイ崩壊を起こし兼ねませんw

そこであなたにおすすめしたいのが、後述する結婚相談所を活用した王道の婚活手法です。

32〜33歳の30代前半女性は結婚相談所を活用した正しい婚活をすべし

30代前半の女性が本気で婚活をしたいなら、覚悟を持って結婚相談所を活用すべきです。

「えっ、結婚相談所ってもっと年配の人が使うのでは?」と勘違いしている人がいますが、現代では20代後半の女性もこぞって利用しています。

先述した通り、32〜33歳は男性から選んでもらえるラストイヤー、ここで結婚相談所を使わないならいつ使うの?って話です。

なお、数ある婚活手法の中で結婚相談所がベストだと言える理由は、結婚に本気な男に絞って出会うことが出来るからです。

繰り返しになりますが、婚活パーティや婚活アプリなどでは、得体の知れないヤリ○ン男が混ざり込んでいることもあります。

しかし結婚相談所では独身証明書まで提出して婚活をするため、体目的の男や既婚者の不倫などに巻き込まれる心配もありません。

おまけにそこそこの値段を支払って婚活に臨んでいる男性ばかりですから、相手にとって一切不足なしと言えるのです。

ただ、結婚相談所は星の数ほど存在し、その中から自分にピタッと合うサービスを見つけるのが大変だと思います。

そこであなたにオススメなのが、「結婚相談所比較ネット」というサービスです。

結婚相談所比較ネットでは、大手12社の中からあなたにあったサービスを診断してくれます。

息が合いそうな相談所については無料で資料を送ってくれますから、利用するかどうかを含めて一度落ち着いて考える良いきっかけになります。

資料請求だけでは結婚する事は出来ませんが、「その気になればいつでも結婚できる!」と自分に自信を持つ事が出来ます。

現状を少しでも変えるため、まずは一歩前に踏み出してみる事が重要ですよ!

・結婚相談所比較ネット【公式サイト】